事務所探しのコツ

事務所を探すというのには、住宅などの物件を探すのとはまた違った難しさがあるものです。では、どのようなポイントに気をつければ、より良い事務所と巡り会うことができるのでしょうか。

貸事務所を探す場合は、仲介会社が物件情報を豊富にもっており、通常、仲介会社に依頼することになります。
特に大規模ビルは、そのビルごとに管理会社を作っており、不動産会社が管理を任されることは少ないので、仲介会社に依頼するしかありません。
また、不動産屋といっても、いろいろな会社があるので注意しましょう。

扱っている不動産が、住宅なのか、オフィスなのか、倉庫なのか、店舗なのか、土地なのか、によってその不動産会社の社員の知識はかなり偏っている可能性もあります。
例えば、大手フランチャイズ系の不動産会社では、基本的に、住宅がほとんどですし、レイアウトや、配線の知識は一切ないと考えていいでしょう。
事務所に関しては、やはり事務所専門の業者が強いといえるでしょう。
特に、賃貸オフィスは、住宅とは違った知識が必要とされます。
ビルのいい悪いを判断するためには、配線、リフォーム、インターネット、電話回線、レイアウト等の知識も必要になってきます。
やはり、オフィス専門の仲介会社に依頼することが望ましいでしょう。

オフィス環境は、仕事の質を大きく左右します。
コストも非常に重要ですが、快適なオフィス環境を選定することは「来客者に対する企業イメージのアップ」「社員のモチベーションアップ」「社員の仕事効率アップ」等につながり、さらには「健康面」にまで影響を及ぼします。それぞれに見合ったオフィスビルを選択し、満足度の高いオフィス移転を実現しましょう。

レンタルオフィスには、基本設備でインターネット接続サービスが最低でもADSL、多いものですと光り接続で使用することができるようになっています。インターネットの料金も賃貸料に含まれている賃貸事務所がほとんどです。共同回線がついている賃貸事務所・レンタルオフィスもありますが、光接続ほど速度が速いかどうかは使用してみないとわからないので、そのような注意が必要です。

このページの上へ戻る